【外資系企業】所詮、サラリーマンは凡人である

仕事術
意識高い系
意識高い系

僕は外資系企業で働いています。年収?そうですねえ、新車でフェラーリが買えるくらいかな?(どや)

意識拗らせ系
意識拗らせ系

私は日系企業では虐げられてきたけど、外資に来たら男女関係なく評価されてるわ!今じゃグローバルマネージャーよ!(どや)

みなさんの周りに、こんな外資系企業社員って、いませんか?確かに、たくさんお金を稼いで、いろんな国の方と英語でバリバリしていて、なんだか超優秀に見えますよね。

しかし実はサラリーマンの時点で全員凡人ということをご存知でしょうか?解説していきましょう。

ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

■筆者プロフィール■

Fラン短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら大学を卒業学歴をグレードアップ、さらに外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計11年目(3社)を全て正社員で勤務中。日本にいながら本社チーム企画職に所属、海外出張や長期滞在を多数経験。チームメイトは海外にいる外国人。留学なし、オンライン英会話だけで、外資系企業で働ける英語力を身につける。

 





【外資系企業】所詮、サラリーマンは凡人である

クワドラントの法則

みなさんは、↑こちらの表を見たことがありますか?

これは世界の金融本で長年最も売れていると言われた”金持ち父さん 貧乏父さん”で有名になった表です。元の本はこちらです。

※こちらの本はネットワークビジネスなどの勧誘で使用されてしまっており嫌なイメージがついているのですが、本の内容自体は資本主義を理解するには非常に良い内容です。

簡単にまとめると、各クワドラントに属している人はこのようになります。

<自分が動かないと稼げない人>

E:サラリーマン

S:フリーランス、個人事業主

<自分以外の人が働いて稼いで貰える人>

B:起業した社長

I:投資家

サラリーマンとフリーランスは、労働必須

自分が毎日のように何かしら労働をしないとお金を稼げないのが、サラリーマンとフリーランスです。

年収1,000万だろうが、大企業の社長だろうが、会社に雇用されている時点でサラリーマンは働き蟻です。働かないと給料を稼ぐことができない、非常に弱い立場ということです。フリーランスに至っては自分の頑張り=収入となりますから、やればやった分稼げますが、休んでしまえば収入はゼロになります。

サラリーマンは、他人が起こした事業に便乗して給料をもらっているに過ぎません。要するに、いくらでも代わりはいるし、自分で事業を考える必要もありません。加えて給与に対する日本の税金は高収入になると50%まで上がってきます。要するに1週間5日働いていたら、2.5日は税金のために労働するのがサラリーマンです。結果的に、どんなに立派な企業で高い位で働いていようが、雇われている時点でサラリーマンは凡人に過ぎないのです。

起業家や投資家は、他人が自分のために働いてくれる

一方で、自分で起業した社長さんや投資家は、自分が寝ていようが遊んでいようが、他人が自分のためにお金を稼いでくれます。

自分で起業した社長さんはサラリーマン社長とは異なり、社員の給与も社内のルールも全て社長が決めることができます。社長が毎日のようにゴルフをしていたとしても、自分以外に会社を回せる人を雇って働かせることで収入を得られるわけです。

投資家に至っては、寝ていても資産が増えていきます。元手が大きい場合、例えば世界一の金持ちであるイーロン・マスクは、1日彼が寝ていても遊んでいても、資産が億単位で増えてしまうのです。

まるで王様のような存在、それが、事業社長や投資家なのです。芸能人やモデルがサラリーマンではなくベンチャー社長と結婚するのも、彼らは時間の融通が効くことに加えてとにかく金周りが良いから、と言えるでしょう。 



本当に”優秀”な人は、自分で事業を起こしている

Aさん
Aさん

僕はKO大学を出て商社で働いています。年収は1500万円ですね

Bさん
Bさん

僕は高卒です。サラリーマン年収は350万しかないんですけど、実は、せどりで月商100万円を売り上げている親方社長です。そろそろ脱サラして、自分の会社に集中しようかな?

この二人がいた時、本当に優秀なのは、どちらでしょうか?

人によって考え方は違うかもしれませんが、筆者は後者の高卒Bさんの方が優秀だと考えます。

Aさんは、会社が作った仕組みに乗り、会社の看板を使用して、誰かが決めた仕事の中で行動しているに過ぎません。

一方でBさんは自分で事業を起こし、市場を研究し、営業から経理まで全て自分で行って結果を出しているからです。

大企業で働いた後に自分たちで法人を起こした人が、これまでは名刺一枚で仕事が取れていたのに、フリーランスになった途端に門前払いされて、なんていうのはまあ良くある話ですが、これはその人自身の能力<企業の看板、で生きてきたからなのです。

本当に優秀な人や、資産を築いている人の多くは、MBAを持っているサラリーマンではありません。自分で事業を起こし、投資家に移行している人たちなのです。

要するに、もしサラリーマンなのにドヤっている人がいた場合は、世間の仕組みを理解できていない、ちょっと情弱な人だと思うくらいでちょうど良いでしょう。



凡人サラリーマンから抜ける方法とは?

サラリーマンでも頑張れば何者かになれると思ってたけど、サラリーマンの時点で凡人かあ、、夢がないなあ。。。

ここまで記事を読んで、こう思ってしまった方も多いかもしれません。

しかし、今の時代は、サラリーマンという凡人でも、いつでも凡人から一歩前進する方法がいくつもあります。どういうことか見ていきましょう!

サラリーマンをしながら投資家になる

ああああ早く会社辞めたい!てか、働きたくない!!寝てる間に金、増えないかな?!

今の時代はサラリーマンをやりながら簡単に投資家になれる方法があることをご存知でしょうか?それは、投資信託を始めることなのです。

個別株だとリスクも高くリターンも多いのですが、サラリーマンにおすすめなのはなんと言っても毎月低リスクで積立ができる投資信託でしょう。日本政府も積立NISAやiDecoなど、非課税の投資枠を設定しているほどですから、投資は詐欺でもギャンブルでもない、真っ当な投資手法なのです。

いまだに多くのサラリーマンは、円を銀行に預けておくことが最善だと思っている人も多いのですから、投資信託を毎月小さくでもいいから始めることであなたはすでに凡人から一歩前進しています。



サラリーマン収入以外の副収入を作る

自分の力でゼロから事業を立ち上げて、一円を稼げた!という経験がある時点で、あなたは凡人ではなくなります。なぜなら、世の中の99%以上のサラリーマンは、なんとなく会社に行って、会社員というラットレースの中でマウントを取っているだけだからです。

サラリーマンにおすすめの副業といえば、、

■凡人から抜け出すためにおすすめの副業とは■

  • ブログ
  • 動画制作・編集
  • プログラミング
  • SNSマーケティング

サラリーマンが副業を始める際のポイントは、安価で低リスクで始められることです。

この観点から、筆者はせどりはお薦めしていません。特に有在庫だと仕入れを失敗すればそのまま負債になるからです。

副業を始めると、本業や私生活にも知識をダイレクトに活かすことができることもメリットです。

例えば筆者はブログを始めてから、それまで全く知らなかったWebや広告の世界の勉強を始めたことで、相手の需要を考えて手渡すことの重要性を理解しました。このスキルを本業にも活かし、上司の考えていることを上司の立場で常に考えて行動するようになったら、本業での評価も上がったのです。

ブログは【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING がお薦めです。

月額1,000円くらいからブログを簡単に始めることができますよ。

今は副業は誰でも安価で低リスクで始められる時代ですから、サラリーマンだからといって諦めず、まずは行動をすることで凡人から一歩前進してみてはいかがでしょうか?

ConoHa WING

コメント

タイトルとURLをコピーしました