【外資系企業】イタリア人の国民性と性格とは【国際恋愛】

海外情報

日本人にとって、イタリアってどういうイメージがあるのでしょうか?

北と南で国民性は大きく違う説もあるのですが、いろんなイタリアの出身の人と接してみて気付いたいわゆる国民性の話を雑談レベルでしてみます。

※一個人の体験談でありイタリアの方が全員こうである!というものではございません

ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

■筆者プロフィール■

Fラン短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら大学を卒業学歴をグレードアップ、さらに外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計11年目(3社)を全て正社員で勤務中。日本にいながら本社チーム企画職に所属、海外出張や長期滞在を多数経験。チームメイトは海外にいる外国人。留学なし、オンライン英会話だけで、外資系企業で働ける英語力を身につける。



 



【外資系企業】イタリア人の国民性と性格とは【国際恋愛】

よく言えば、情熱的。

イタリアのイメージといったら、美食、素晴らしい芸術、情熱的で陽気で人懐こい人たち!でしょうか?日本人が書いているブログを見てもそんなポジティブなイメージが目立つなあと思います。

 

私は仕事でイタリアと取引があったことがあるのですが、仕事通してそんなイタリアのイメージがガラリと変わりました。

イタリア人の本当の気質をお話ししましょう。

 

 



誇り高きイタリア人

全ての道はローマに通ず、と今も本気で思っている

今やGDPでも先進国の中では低い位置にあるイタリアですがカトリックの本場ですし、歴史、アート、そして食文化などイタリアには多くの誇れるものがあることは事実です。

彼らは非常に自分の国を誇りに思っており、なんなら世界一だくらいに思っています

 

私がこれを痛感したのは、仕事でイタリアからのゲストを受け入れた時でした。正直申し上げて受け入れる側としては非常に気分が悪かったのを覚えています。笑

私はゲストを迎えるために、会議室やレンタカーの確保、食事の手配、会議準備や進行などありったけの労力を注ぎ込んで入念に準備をしておりました。

 

その結果、会議は非常にうまく進行し、欧州の上司も満足気。

 



しかしながらイタリア人だけは、オフィスの見学に連れて行っても、仕事について説明しても、上から目線のマウントばっかり

極め付けは探しまくって予約したレストランに連れて行った時のこと。

欧米人でも食べられそうな無難な食事屋に連れて行ったのですが、イタリア人だけは

イタリア女
イタリア女

あー、私ヴィーガンなの。え?お店対応できないの?イタリアなら当たり前なのに(ふん)

イタリア男
イタリア男

この食べ物はなんだ?気持ち悪くて食べられないよ

などなど、礼儀もへったくれもあったものではありませんでした。

ことあるごとにイタリアマウントを入れてきたので心がボキボキに疲労骨折しました。

そして、そんなにイタリアが素晴らしいならなんであんなに国は廃れたんだよと突っ込みたくなりましたね、、

ということで、まずは”誇り高きイタリア人”、これをキーワードに入れておきましょう。

 

 



ずる賢さとトークで勝負?!

私が得すればそれでよし

これはどこの国でも起こると思うのですが、日本人と比べて特にヨーロッパ先進国の人たちは、いかに効率よく自分の手柄につながるところだけを持って行こうかと言うことを考えて仕事をしています。

 

何でもかんでも抱え込んで、頑張ってる私の背中を見て!って言う日本の根性論みたいなのは存在しません

自分に利益がないものは華麗にスルーし誰かにやらせようとしてきます

 



 

さらに、イタリアはどうも教育の時点でずる賢い事が優秀とされ口頭のしゃべりがうまければ評価されると言うところがある様で自分の手は汚さずあたかも自分がやったかの様に饒舌に喋ればOK!みたいなびっくり文化があります。

特にイタリアの女性は、幼少期から蝶よ花よとちやほやされて育ってきている人も多いです。よって、他人が作ったものをあたかも私の力でやりました!と饒舌に話してしまうことすらあります。

典型的な、TAKER(テイカー)タイプが極めて多いのです。

*テイカーについてはこちらの記事も参考にしてください

 【実録】TAKERと関わってはいけない理由

【お勧め書籍】GIVERが勝つ理由

 

  



めちゃくちゃ、話す。話が、長い

身振り手振りをしながら永遠に話しているイタリア人

イタリア人は総じてお喋りが好きと言われますが、そんな可愛いものではありません

30分の会議なら90分は独占状態で喋りまくる、みたいなレベルで延々と得意げに喋り散らかすのが特徴です。

話す内容よりも、喋るボリュームが知性の現れ、みたいなところがあります。

ですから、メールが得意ではない人も多く、何かとつけて「電話しよう」「会議しよう」と言ってきます。

巻き込まれるこちらは時間が取られるのでたまったもんじゃないですが、付き合ってあげると信頼関係はできるかもしれません。

ちなみにドイツ人に聞いたら、「しゃべりが長いのは南ヨーロッパ特有だねえ、、」と呆れてましたねw

 



イタリア女は情熱的<女王様気質なヒステリック?!

イタリア女、爆弾すぎるけん

イタリア語は喧嘩している様に聞こえると言われるほどジェスチャーや口調が激しいことで知られていますが、彼らは英語になってもあまり変わる事がなく、仕事では自分の主張を感情的にぶつけてくる傾向があると思います。

 

我慢するという感覚がない彼らですから、とにかく自分の主張を真っ直ぐにぶつけてこようとします。

特に仕事の場で活躍しているイタリア人女性はどこの国よりも主張が強いと感じました。

これは根強く残る男尊女卑が影響しているのかもしれません。(イタリア女性は社会に抵抗し地位を得るために戦っているらしい)

 

自己主張が激しいと言えばアメリカと思う日本人は多いかもしれませんが、実はアメリカは相手をリスペクトしてメンツを潰さない様に気を使いながら主張をする、というのが暗黙のマナーだったりします。

一方、イタリア人はド・ストレートに感情的に言ってくるので私は初めはたいそうに驚いたものです。

 

また、彼らはぎゃーーーっと主張し、ガンガン言い合うと、ケロっとしてリセットしています。

よく言えば後腐れがないのですが、アップダウンの激しさに巻き込まれる外国人的にはこれはたまったもんじゃありません。

 

イタリア人を相手にするときはギャンギャン吠えている小型犬だ、くらいに思って受け流すくらいでちょうど良いでしょう。

 



 

イタリアの国民性をまとめると

これらをまとめると、

特にビジネスにおけるイタリアの国民性と言うのは、

プライドが高くて死ぬほど気が強く、

・良いところを持って行こうとする

ずる賢くて口先だけは弁が立つというのが

私がイタリアの方に感じた印象です。笑

 

個人的には、観光で行くなら良い国だと思うのですが、仕事では関わりたくないな〜と思っています。

ということで転職先にもイタリアの会社は候補から外していますw

 

いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました