【現役外資系勤務OLが語る】外資系企業は上司に絶対服従である

外資系企業

日系企業から外資系企業に移って

驚いたことは多くありますが

その中でも

上司に絶対服従の強烈な文化には

戸惑ったものです。

 

「日系企業でも

上司の言うこと聞くなんて当たり前でしょう?」と

思うでしょうか。

 

そんなあなたはぜひこの記事を読んでみてください。

知らないで外資系企業に飛び込むと

地獄に落とされるかもしれませんよ。。。

  

  



【現役外資系勤務OLが語る】外資系企業は上司に絶対服従である

外資系企業における上司とは

私個人の経験では日系企業では

なんだかんだ言っても上司や一般職が歩み寄りながら

もしくは現場のボトムアップ方式で意見を言ったりと

和気あいあいと

みんなで一緒にチームで仕事を進める文化があると思います。

 

また、

例えば他部署のスタッフに仕事をお願いする時も

いちいち相手の部署の上司の承諾を取らなくても

スタッフ同士が臨機応変に進めることなどもあるのではないでしょうか。

 

一方で外資系企業では

業務はトップダウンで落ちてきます

社長→事業部→上司→個々、となり、

事業部の目標達成のための方法も上司が部下に落としてきます。

外資系企業の上司は部下に成果を出させることが

評価項目にも明確に入るため

部下を最大限に活かし、成長させ、

使えない部下は見切りをつけて処分して

チームの成果を上げなければ

上司は本当に退職勧告に追いやられます。

 

さらに、

日系企業では人事異動や給料などは

人事が行うこともあるかと思いますが

外資系企業では直属の上司が

あなたの人事権を手にすることになるため

あなたを煮るなり焼くなりするのは上司になります。

 

このため、多くの企業では

上司は超絶な権限を手にしているのです。

外資系企業は、

もう軍隊みたいな文化だと思った方が良いでしょう。

どんなに表面では「弊社は風通しが良くて」とか

「フレンドリーな社風で」と言っていても

騙されてはいけません。  

  

上司に意見して、クビ

先述の理由から

基本的には外資系企業で上司に対して進言することはタブーになってきます。

上司に言われたら

どんなに嫌な仕事でも

どんなに難しくても取り掛からなくてはなりません。

 

また、

上司のメンツを汚さず

常に上司を祭り上げていい気分にさせておくこと

必須になってきます。

 

上司が人事権を握っていると言うことは

あなたが仕事ができたとしても

「こいつ気に食わないな」と思われれば

あの手この手で言い訳を作って

部下を切ることができるのもまた上司だからです。

 

こんな状況ですから、

ぶっちゃけ外資系企業には

とんでもなく勘違いした上司もいますし

高圧的な態度の上司も多いです。

 

上司は上だけを見て部下の手柄を横取りしたり

自分がいかに偉大かをペラペラと話す輩も当たり前です。

 

日本法人の場合は

特に外国人に対してへこへこする上司は多いかなあと思います。

 

私自身の経験では

仕事の成果はしっかりと出していたものの

上司の悪口をうっかり同僚に漏らしてしまい

それが告げ口をされてプロジェクトから外されたり

それまで与えてもらっていたトレーニング予算が

「他の人の方が評価が良かったから」と言われて

削減されたことがあります。汗

  

 



ここまでやるか?! 外資系忠犬ハチ公伝説

外資系企業でサバイブするには

あなたは上司の忠犬ハチ公になる必要があります。

ぶっちゃけ仕事の成果より

上司様に絶対服従の姿勢を見せられるかどうか

最も大切なのです。

 

外資系と言ったって

サラリーマンなんてそんなにずば抜けて優秀な人って

実際はいないんですよ。

大体はみんな同じ。

本当にできるなら、

とっくに独立して大金持ちになってますからね。

 

そんな中、成果が低いことを理由に全員を解雇していたら

会社から全員いなくなっちゃいます。

 

さてここで、

私がこれまで見てきた

素晴らしいハチ公を紹介したいと思います⭐︎

 

「ちょっと」の一声で机の周りに駆け寄るマネージャー

それは私がまだ外資系企業に入社した手の頃でした。

どうも上司が家庭の事情で

1週間ほど休暇を取らねばならなかったらしく、

そのことについてマネージャーに相談しようと

「ちょっと、集まってくれる?」と一声をかけたのです。

日頃スタッフには高圧的なマネージャーも

上司の一声には文字通り駆けつけ

超熱心に話を聞いていたのです。

一人の机の周りに三人が駆け寄り

真剣に話を聞いて

全力でサポートする旨を伝えていましたが

普段はあんなに死んだ魚の目をしている人たちが

よく一瞬でキャラ変更できるもんだなと

驚いたことを覚えています。

 

「私は○○さんのもとで働く、この仕事が楽しくて仕方がないの」と言う同僚

外資系企業では職場の愚痴や

上司の愚痴は例えどんなに信用できる同僚であっても

言わないものですが

一方で

上司様を称賛するアホみたいなセリフを

何の洗脳されてんだよと思うくらい連呼する人が存在します。

 

私の当時の上司はぶっちゃけた話、

水面下や他の国の拠点担当からは

「彼女は何であんなに強引なんだ?!」と

クレームが来る様な方でありました。

そんな上司のもとで一緒に働いていた同僚は

上司がいる横で満面の笑みで

「この仕事は時差もあるし、プレッシャーもある。

でも、Kさんがいつもサポートしてくれるから

この仕事と仲間が大好き!」と、言ったのです。

怖い、怖いよ。無理すんなよ。目が笑ってないよ。

  

プライベートもお手伝いして、上司様の心を掴む同僚

当時の上司Kさんは

仕事が忙しすぎて家庭が崩壊しかかっている人でした。

ひどい時には会社について開口一言

「あー!もう、誰が今日子供迎えにいけって言うのよ!!

旦那はまた会議だって言うし!!!」とか言ってることもありまして、

おいおい、ここは職場だよ?勘弁してよと

誰もが薄ら思っていたのですが

先輩である、

プロの外資系サラリーマンは一味違いました。

 

上司Kさんが家庭の愚痴をでっかい声で

漏らしたら我先に駆け寄って

「Kさん、そうなんですか!?

それは大変ですね。

とりあえずコーヒーでも飲みに行きませんか?」と誘い出し

Kさんの家庭の愚痴を30分ほど聞いて

心に寄り添い

圧倒的な信頼感をゲットしていたのです。

上司とて人間ですし

さらにポジションが上がれば実は家族からも職場からも

距離ができてしまって孤独を感じる人は少なくありません。

 

そこにすう〜っと入り込み、

上司様のプライベートのケアまでして

心をつかもうとしていたのですから

もはや変態かと思う領域です。

 

上司様の好みは徹底リサーチ。コーラを個人輸入した同僚

最後の登場していただくのは

みなさんが憧れるあのIT企業で大活躍中の友人です。

 

この友人はいわゆるスーパーお嬢様なのですが

その育ちからかVIPの好みを熟知しておりました。

 

友人は

海外の本社からVIPが来ると聞いて

その方の好みを社内人脈を使って調べまくり

東京の観光では穴場の素晴らしいスポットにお連れし

その方が好むと言う

海外の特定地域でしか販売されていないコーラ

個人輸入までして、おもてなしをしておりました。

 

一体どんな手段を使ってそんなことできるんだよ、

仕事もクソ忙しいのに、、と

ぶったまげるレベルでしたが

友人はスイスイと出世し

最年少で名誉あるポジションについております。

 

外資系企業でサバイブするの、楽じゃない。

  

いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました