外資系企業で働く女性の服装とは?お勧めブランドあり

外資系企業

アラサー、アラフォーになってくると、服装迷子になる女性は多いのではないでしょうか?

また、外資系転職を考えていたり、実際に外資系企業からオファーをもらって転職予定だけど、何着て会社に行けばいいの?!と思っている方も多いのではないでしょうか。

本日は、そんな迷えるアラサー・アラフォー・そして外資系OLの女性に向けて、外資系企業で10年間3社を経験している筆者が経験した、外資系企業での女性の服装について解説していきます!



結論:思っているより、派手じゃない

合理的な女性が多いです

稼いでいる女性ほど質素倹約な深い理由

外資系で働いているというと、華やかなイメージを持つ人もいると思いますが、実は外資系企業で働いている女性たちは思っているより堅実な人が多いです。

例えば外資系企業で接客するとか、高額な商品を扱うような会社のブランドイメージを看板として背負って働く方は別として、筆者が知っている限りでは金融、IT、製薬、メーカーなどさまざまな業界の女性たちと出会ってきましたが、彼女たちは意外と稼いでいる人ほどユニクロ着用率が高かったりします。

 

なぜこの現象が起こるかというと、外資系企業で働いている女性たちは物事の価値に対して非常に敏感だからです。

 



キャリアに対しても価値を重視して転職を重ねて自己実現している彼女たちは、キャリアだけでなく、全てにおいて価値を非常にシビアに見ています

要するに、ただオフィスに行って仕事するだけなら、洋服なんて清潔感があってきちんとしていればいいわけで、この目的に対してブランド物や高額な洋服はむしろ不要とすら思っている人も多いのです。

 

筆者の元上司はアラフィフの年収1500万ほどと思われる女性でしたが、彼女はいつも、全身ユニクロでした。うっかりしていると部下から「なんかパジャマみたいだけど、大丈夫そ?」と突っ込まれるくらいヨレヨレの格好でオフィスにいたこともあるのですが、仕事をやらせりゃピカイチでした。

 

そしてこの現象、どうも他の会社、他の業界でも共通していまして、筆者の知人に外資系ITで役員&個人の会社も持っていて、推定年収で言えば5000万位稼いでいるんじゃないか?というスーパーウーマンがいるのですが、この人はアラフォーなのに洋服はなんと1,000円以下で買う、とう美学すら持っています。

なぜか彼女に聞くと「洋服って消耗品だからフリマとかメルカリで買ってる。私はゴミになる洋服ではなくて、土地と株を買ってるの(ニッコリ)」というのです。

恐るべし、さすがは外資系スーパーウーマン。。。

 

派手な格好で悪目立ちして失敗した筆者

筆者は外資系企業に初めて就職した際、前職が山奥の研究所勤務だったこともあり、振り切って超バキバキな服装で会社に通勤していました。

当時は若くて自分の姿を冷静に見れていなかったのですが、今振り返ると、若くてピチピチな筆者がさらに華やかな花柄とかピンクとかの服装をして、髪も巻いてヒールを履いていたので、超悪目立ちしていたと思います。

これが原因かどうかはさておき、今振り返れば、結構チクチク指摘もされていました。そして何より、自分に対する周りからのイメージは”たいして仕事ができないけど何だか派手な子”と思われていたと思います。

仕事をしに行っているのに、これではまさに、本末転倒。

ちなみにもちろん全員ではないのですが、外資系企業で働く女性は洋服が派手なほど仕事は微妙というのは筆者の経験上では結構あるあるです。

 

外資系で働く女性におすすめの服装は?

賢くセルフブランディングしよう!

外資系で働く女性の服装についてざっくりお話ししてきたところで、じゃあどんな服ならいいの?という読者の方に、外資系で働く女性の服装のおすすめ法則を教えたいと思います!

白・黒・ネイビー・グレー・ベージュの、無地

外資系企業は業界にもよりますが、日系企業と比べれば全般的にドレスコードはゆるいです。

しかしながらここで気をつけたいのが、悪目立ちを避け、プロフェッショナルに見られる格好をするということです。

例えば柄物の色物服などは休日は良くても、オフィスではまるでバケーションのよう。これでは舐められてしまいますし、品定めしてくる怖い同僚もいるかもしれません。

ということで、これから外資系企業で働こうとしている女性は、まずはベーシックカラーの洋服で揃える事をお勧めします。

 

トップスは上質に、ボトムスはユニクロでOK

人は基本的に、上半身で印象が決まります。髪と肌のお手入れをしっかりしていれば8割完成なのですが、ここでペラペラのトップスだと、少々、戦闘力が落ちてしまいます。これを補うのが、ちょっと上質な、トップスなのです。

洋服にお金をかける必要はないのですが、例えば打ち合わせなど人と会う時にお勧めしたい格好が、トップスは生地感がしっかりした上質のものを選び、ボトムスはユニクロにする、という作戦がお勧めですよ。

 



 

アクセサリーで年相応の華やかさをプラスする

ベーシックカラーで派手な格好を避ける、というのが外資系OLのお決まりなのですが、とは言ってもあまりに地味地味すぎるとちょっと寂しい、、そんな時にお勧めなのが、1つだけ良いアクセサリーをつけて年相応の華やかさや、重厚感を出す事です。

一粒のダイヤとかパールのピアスなどがお勧めです。

ここでの注意ポイントは、時計などブランドが一眼でわかってしまうものはつけないこと。外資系企業は常に戦場ですから、いらんところでいらん目線を買わないようにリスクヘッジしましょう。笑

 



外資系で働くアラサー・アラフォー女性におすすめの洋服ブランド

さて、洋服にはさほどお金をかけなくてOKと書いてきたのですが、とは言っても何着ればいいんだよと思うそこのあなたにお勧めで、実際に外資系で働いている筆者の周りの同僚にも聞いてみて多くの人が使っている洋服ブランドを紹介してみたいと思います!

IENA

高すぎないけど若い子とは違う大人の雰囲気を出したい人が愛用しているのが、IENAです。上質な生地の洋服が多く、三年くらいは着れてしまいますのでコスパ的にもお勧めです。

ユナイテッドアローズ

きちんとしている洋服を買いたい、、と思う現役世代が向かう定番は、ユナイテッドアローズです。

ユニクロよりは高級感ときちんと感があるけど、高すぎず華美でない点が外資系OLにも大人気。

ROPE

少し華やかで、女性らしいフェミニンな大人服が欲しい!そんな時に使えるのがROPEです。フェミニンな服というとどうしても子供っぽく安っぽくなりがちですが、ROPEは大人にぴったりな素敵な洋服が常にありますよ。

面倒くさいオフィス服は、サブスク利用もあり!

忙しい毎日の中で選ぶのも面倒だし、でもユニクロばっかりじゃやる気も出ない。。

年齢も重ねて、だんさん自分に似合うものも変わってきた。洋服って、何を着ればいいの?!

良いなと思って洋服を買っても結局着なくて、メルカリでも売れなくて、捨てるのは勿体無いなあ、、、

こんな悩みを持つ効率重視の外資OLの間でじわじわ人気を上げているのが、洋服のサブスクです。

■洋服のサブスクのメリットとは■

  • プロがあなたに合った最新の洋服を送ってくれる
  • 定額で洋服が選び放題のサービスも
  • パーソナルカラー診断などプラスαのサービスが充実
  • クリーニングの手間がいらない
  • 着た後に欲しいものは買い取れる

洋服のサブスクといえば、エアークローゼット

洋服のサブスクといえば、プロが選ぶ、コーデが届く「airCloset」 は定番です。

YouTubeや書籍で絶大な人気を誇る、元外資系OLの元祖・勝間和代さんも一押しのサービスですね。年齢層も幅広く対応が可能で、忙しいけどきちんとした装いでプロの印象をオフィスで放ちたい!そんな人にピッタリでしょう。

甘めが好きなら、Rcawaii

Rcawaii
サブスクは便利

10-30代くらいまでの年齢層に人気なブランドに強いのが、Rcawaii

無料でパーソナルカラー診断をしてくれたり、30代くらいまでの女性に大人気のブランドが返却期限なしで使いたい放題という、驚きのサービスです。

時間とお金にシビアな外資系OLは、楽天で服を買う

外資系企業で働く女性がどこで服を買う時に有効活用しているのがRakuten Fashionです。

外資系企業で働く堅実な女性たちは、結構な高確率で、楽天経済圏の住民です。

ECは時間が節約できる上、楽天はポイントで常に割引が受けられるので、うまく使えば貯めたポイントで携帯料金を払うことも可能なのです。

■30代女性が洋服を買う時のおすすめ■

楽天会員登録する(無料)

Rakuten Fashionでポイント値引きを使いながら買い物する

楽天プレミアムカードを使うとさらにポイントアップ

 

楽天モバイル なら、楽天ポイントで月々の携帯料金の支払いが可能
時間もお金も節約できるRakuten Fashionで、素敵な外資系OLライフを送りましょう!

 

■関連記事■

 【レビュー】女性の機内持ち込みバッグなら、ロンシャンがおすすめ【持ち物リストあり】

 【女性のキャリア】英語✖️転職で女性でも年収500万円以上を叶える具体的な方法

 【ビジネスマン必見】海外長期出張に必要な持ち物リスト実録集【女性も】

コメント

タイトルとURLをコピーしました