外資系企業で働く人は性格が悪いって本当?

外資系企業

外資系企業に興味があるんだけど、人間関係がギスギスしてるって聞いたことが

ある。。。

夢の外資系転職に成功したのに、周りの同僚がきつすぎて辛い!

こんなふうに聞いたことはないでしょうか?

筆者は外資系企業を3社経験しているのですが、確かに日系企業と比べると、外資系企業で働く日本人は独特な人が多いなあ、という経験を持っています。

本日は、外資系企業で働く人は本当に性格が悪くて怖いのかについて経験を交えて解説していきます!

ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

■筆者プロフィール■

Fラン短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら大学を卒業学歴をグレードアップ、さらに外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計11年目(3社)を全て正社員で勤務中。日本にいながら本社チーム企画職に所属、海外出張や長期滞在を多数経験。チームメイトは海外にいる外国人。留学なし、オンライン英会話だけで、外資系企業で働ける英語力を身につける。



外資系企業で働く人は性格が悪いって本当?

外資転職は企業により天国にも地獄にもなる

外資系企業で働いている人の個々の性格が陰湿かどうかは結局は、会社によって雲泥の差があります。

実際に、筆者も性格の悪い日本人が集まる外資系企業日本法人で働いていたときはこの世の地獄を見た気持ちでした。詳しくは別記事、【地獄】外資系転職に失敗して1年未満で辞めた話【実録】をお読みいただきたいのですが、本当に毎日、生きた心地がしませんでした

しかし、この失敗を経てホワイト外資転職に強い!JAC Recruitmentのおかげでホワイト企業に転職してからは、とんでもない人には会わなくなりました。

要するに、外資転職で性格の悪い人やヤバい人に出会わないためには

  • 社内事情に精通した優良エージェントを使う
  • ヤバい会社にそもそも入らない

これが鉄則になります。ここでコケないようにしてください。

それでは、性格が悪い日本人が集まる外資系企業ってどういう特徴があるのか見ていきましょう!

 



外資にいる、ヤバい社員とは?性格悪いどころじゃない!

上司を抑えれば、あとはどうでも良いや

外資系企業日本法人には本国や海外では超有名企業だけど日本では規模が小さく、無名に近い、、と言う企業も多いものです。

そうすると採用時に求められるのは仕事がそれなりにできそうかだけで、社会人としての最低限のマナーや人格については度外視されがちになり、日系企業ではあり得ないようなモンスター社員が吹き溜まることがあるのです。

筆者が実際に出会したことがあるのは。。。

!外資にいた、ヤバいやつ!

  • 自分で採用した新入社員を毎日パワハラして退職させ
  • 契約書類をGoogle翻訳で適当に英訳して客先に出
  • 上司を追い出し同僚をいじめまくって退職させ
  • キャバクラを経費で落として怒られる
  • 新人が仕事を間違えるように教える
  • 態度が悪すぎて客先を出禁になる

などなど、ぶっ飛ぶレベルのヤバい人が外資系企業には、いるのです。



外資系企業にいる人の属性3選

外資系企業で働いてる人って、英語もできて、優秀な人なんでしょう?

こう思われている方は多いのですが、実は日本に住んでいるのに外資系企業をわざわざ選ぶ方というのは

  1. 本当に優秀な人
  2. 日本のレールから外れた人
  3. 日本に適合できない人

この三択になります。

外資系企業で働いている日本人は全労働人口の2%を切るというデータもあるくらいで、普通に日本に住んで普通に働いていればほとんどの方は日系企業に入ります。

それなのにわざわざマイナーな外国企業で働いている人というのは、日本のレールから外れた人や、日本に適合できなくて追い出された人、というのも少なくないのです。

このような人たちが外資系企業に吹き溜まって毒素を発し、新入りを虐めて追い出したり日系企業なら即懲戒されるようなレベルのパワハラやいじめをおこなっていたりすることがあるのです。

特に外資系企業日本法人で知名度が低いマイナー企業の場合、誰でもいいから雇っている場合もあり、このようなケースには特に要注意です。

おー、いいカモが入ってきたぞ♪

 

 



 

夢やぶれた”元”エリートが、外資で性格が悪くなる?!

外資系、拗らせてるやつ多い説

外資系企業で働く日本人は優秀な方も多いです。頭の回転が早くて英語も当たり前のようにできて、日系企業なら五人で行う仕事を一人で最適化して、こなしていたりします。

筆者の同僚には日本人なのに各国のトップ大学を出ていたりMBAを持っていたり英米の一流大学に留学していた、と言う人もいました。

しかし、そんな高学歴で仕事もできる優秀な彼らがなぜ日系大企業で活躍せず不安定な外資系企業、しかも海外法人でもなく海外本社でもなく日本法人でくすぶっているのでしょうか。

ここであるあるなのが、

  1. 留学から帰国した時期が新卒一括採用の時期とずれ、日系大企業への新卒就職に失敗した
  2. 海外留学でいいところだけを見て生意気な態度で日系企業から追い出された

と言うケースです。

彼らは、学生まではエリートだったのに社会に出るときもしくは社会に出てから転落したため、自分はこんなはずじゃない!!!と、鬱憤を溜めまくっています。

同級生は日系大企業でコツコツ働いていいポジションで穏やかに活躍していたり海外駐在などで活躍しているのに、外資系企業日本法人で本社から顎で理不尽に使われている外資系企業社員の元エリートな自分。

元々高学歴で子供の頃から神童と言われていたような人も多く、プライドが高い人も多いですから、日々の本社と客先との間で鬱憤を溜めながら、性格を拗らせまくっていく外資族は、意外と、多いのです。。。

  



 

 



性格の悪い同僚がいるブラック外資を避ける転職方法とは?

要するに、外資転職で性格の悪い人やヤバい人に出会わないためには

  • 社内事情に精通した優良エージェントを使う
  • ヤバい会社にそもそも入らない

これが鉄則になります。ここでコケないようにしてください。

外資系企業に転職する際は、ブラック外資系企業日本法人をさけ、企業の内情を熟知しており、企業のHRとつながりが強いエージェントを厳選して選ぶ必要があります。

これら全ての点で高いレベルで頼りになるのが外資転職ならJAC Recruitmentです。

外資系転職では多くの場合で英語での面接があるため、英語面接の事前練習も欠かせません。

無料体験! 英語面接対策なら、Bizmates(ビズメイツ) などのオンライン英会話で練習しながら、より本番環境さながらで英語で仕事のことを話すなら外資転職に強い!en worldに登録して、外国人リクルーターとガンガン話す!というのが最強ですよ。

 

■関連記事■

 【外資系企業】悪徳転職エージェントに騙されて転職失敗した話【おすすめエージェントあり】

 【外資系企業】転職で成功する人と失敗する人の違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました