外資系企業では転職回数が多くても採用されるのか?

外資系企業

元同期がどんどん仕事変えて、3回目4社目に入るらしいんだけど

外資系企業って転職回数は問題にならないの?

と、思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで本日は、実際に外資系企業で働いている筆者が、外資系企業で転職回数がどの程度見られるものなのかについてまとめていきます!

この記事はこんな人におすすめです。

  • 外資系企業への転職を検討している
  • 20代で2回以上転職している
  • 転職回数が多くて、外資系転職ができるか知りたい

 





結論:ジョブホッパーでなければOK

目的意識を持ったキャリア構築が鍵

外資系企業日本法人への転職を検討する場合ですが、多少転職回数を重ねていたとしても

  • 一貫した職務経歴であること
  • 職歴に不自然な穴がないこと
  • 実績とスキルが明確であること

この条件を満たしており、自分はジョブホッパーではなくキャリアビルダーだと面接で説明することができれば、問題にならないと考えてOKです。

もちろん業界や企業様にもよるのですが、それでも外資系企業というのは日本法人であっても転職ありきの業界であるため、雇う側の上司や人事だって何回も転職していることが一般的です。人のことを言えたものではないということなのです。

転職回数が多くてもOKな場合のポイントまとめ

  • 一貫した職務経歴であること
  • 職歴に不自然な空きがないこと
  • 実績とスキルが明確であること

 



外資系企業日本法人の平均転職回数は?

外資といっても日本法人はどうなの?

転職回数 年代別ヒアリング結果

各世代で5人ずつ、業界もランダムにピックアップした結果がこうなりました。

  • 20代 〜2回 (2社目、3社目)
  • 30代 〜3回 (3社目、4社目)
  • 40代 〜4回  (3社目、4社目)
  • 50代 〜4回 (5社目くらい)

人によるため一概には言えないのですが、少なくとも日系企業のように1社で永遠に働くことをそもそも前提としていない人が多い、ということは言えるでしょう。

 

今の50代はいわゆるバブル世代ですが、この人たちは日系大企業で駐在員などを経て、帰国後に転職して外資系企業で管理職についているパターンが多いです。そのため、転職回数自体は2,3回という人が多かったです。

 



転職回数が”多い”と指摘されそうなのは何社目?

肌感覚なので明確な基準はないのですが、筆者が実際に「げ、それは多くない?」と思ったり、採用担当している方に聞いた数値はこちら。

  • 20代 2回以上
  • 30代 5回以上
  • 40代以上 5回以上

外資系企業は雇う側も雇われる側も一定期間のお付き合いと思っているため、転職回数を重ねていても理由をしっかり説明し、実績を示すことができれば問題ありません。

しかし、例えば20代で2回以上転職しているようなケースでは、大学卒業後から29歳までの7年くらいに2回も転職しているわけです。社会に出たばかりでスキルがそもそも足りないこの短期間で筋の通った実績やスキルを証明することは難しい可能性が高いでしょう。

 

また、30代で転職が5回を超えてくるのも肌感覚的には多いかな、という印象を受けます。

業界にもよるものの、外資系企業日本法人での平均在籍期間を5年前後とすると30代で転職回数が5回を超えているというのは1社にとどまっている期間が3年くらい、もしくはそれより短い可能性があります。この場合、なぜ短期離職をしているのかや、一貫した経歴に基づく実績が説明できないと厳しくなるでしょう。

 

40代50代になってくると、基本的には管理職採用が多くなってきます。

この年代は転職回数より実績が非常に重視されるため、極端に転職しまくっているでもなければ転職の回数としてはその時々で臨機応変に話すことができるでしょう。

 



 

外資系企業に転職できるかは、エージェントが鍵

ここまでお読みいただき

うう。。私転職回数多いんだよな、、

経歴もフラフラだし、今のブラック企業に留まるしかないのかな・・

と、絶望してしまっている方もいるかもしれません。

しかし、外資系企業に転職する際は、信頼できる転職エージェントに相談して作戦を練ることで狙っている企業に行ける確率がぐっと高くなります。

おすすめ. JACリクルートメント

JAC Recruitment

外資系転職を狙うなら、絶対にお付き合いしておいた方がいいのがJACです。

JACはただ人を売り飛ばせばいい!という姿勢をとっておらず、冷静にマーケットの情報を教えてくれたり、あなたの経歴の弱いところをどう強みにするかを一緒に考えてくれるでしょう。

 

おすすめ. エン ワールド

  エンワールド

企業人事が外国人、というようなゴリゴリの外資系企業を狙いたい時に頼りになるのが、エンワールドです。

エンワールドは多くのリクルーターが外国人なのですが、企業側からすれば英語で会話ができるリクルーターの方がより多くの情報を渡すことができるため、ゴリゴリの外資系企業に転職したいなら外国人リクルーターをうまく活用すると良いでしょう。

外国人リクルーターは日本語が話せない人も多いため、良くも悪くも、面談が英語となります。このため、転職相談をしながら無料で英語面接の練習までできてしまうことも大きなメリットではないでしょうか。

今すぐの転職を考えていなくても、定期的に無料で英語面接の練習をするイメージで、リクルーターと連携しておくことがおすすめです。

 

エージェントとの転職相談は、無料でできます。

今は在宅勤務の方も多いでしょうから、この機会を無駄にせず、ちょっと空いた30分でリクルーターと会話をしてパイプを作って情報交換して未来の良い転職に備えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました