【2021ゴールデンウィーク】周囲と差をつける過ごし方3選

英語学習

2021年のGWが幕を開けましたが

昨年に引き続きコロナにより

全力で外に遊びに行ける雰囲気ではなくなってしまいました。

しかしながら、

こんな時だからこそお勧めしたい過ごし方を3つ、お話しします!

 





【2021ゴールデンウィーク】 周囲と差をつける過ごし方3選

連休中は、

まとまった時間がないと、なかなかできないこと

考えてたけど、あと伸ばしになっていたこと

などをやってみるには最適です。

 

いつもの週末2日間だけでは

なかなか振り返れなかったこと、

考えてはいたけど着手できなかったことに

手を入れるのに最高なのが連休なのです。

 

Stay Homeが続きますが

ここで地道に人生に手を入れることができれば

連休後はスタートダッシュが切れること、

間違いなしです!

 



おすすめ1:家計の見直し

固定費を見直そう

実は、いわゆる富裕層ほど

出ていくお金にはシビアです。

ケチ、というのではなく

使うお金の価値の適切度をシビアに見るからお金持ちになれたからです。

 

富裕層を目指さなくても、

税金は上がるばかりの日本において

日々の生活費の適切な管理の重要性は

ますます高まるばかりですよね。

 

節約というと、

安いスーパーを時間をかけて探す、という方法もありますが

正直これはコスパが悪いと言わざる終えません。

なぜなら、

あなたの1時間あたりの時給に換算すれば

近いスーパーで時間を節約して

その分を稼ぐ力を磨くとか

家族との時間に割いた方が

ストレスも少なく人生の幸福度は上がるからです。

 

そこでお勧めしたいのが、

現在の家計を把握し

固定費を見直して余計な支出をカットすることなのです。

 

 



家計簿アプリをタダで使い、さらには電気代もお得に!

教育費や老後資金のために

なんとなくお金を貯めなきゃと思っている人は多いのですが

何にいくらかかっていて

自分の生活費がどれくらいなのか

分かっていない人は実は多いものです。

 

そこでまずは現状把握をするために

お勧めしたいのが、

マネーフォワードME(有料版)です。

 

マネーフォワードは全ての銀行口座や

証券の状態をオンタイムで管理することができ

支出の内訳もレシートを読み取るだけで

自動に分けてくれるため

いつでも自分の状態を手軽に管理ができるのです。

家計簿に何度も挫折した、、という方は

ぜひ試していただきたいと思います。

 

そしてこのマネーフォワードですが

月額料金をタダで使用する方法が存在します。

 

 



それは、

毎月の電気をマネーフォワードに切り替えることです。

電力自由化により

電力販売会社の競争が激しくなる中で

各社さまざまなメリットをつけているのですが

マネーフォワードでんきでを使用すると

マネーフォワードの有料版を無料で使用することができるのです。

 

月々の電気代もお得になるし

マネーフォワードもタダで使用できるのですから

毎月の固定費が安くなるし良いことづくめですよね。

申し込みは下記リンクから5分もあれば

ネットで完結しますので、ぜひ検討してみてください。

 



おすすめ2:英会話を毎日1時間やる

毎日やらなきゃ、意味がない!続けられなきゃ意味がない!

GW、

コロナで思うように予定を組めなかった方にお勧めしたいのが

毎日1時間英会話をきっちりやることです。

 

英語というのは、

週末30分だけやっても上達しません。

 

毎日最低1時間は話す習慣をつけて

集中して体得するには、連休を使用するのが最適なのです。

  



安価で楽しみたい方にはDMM英会話orレアジョブ

DMMとレアジョブは

とにかく安価で予約も簡単なので

たくさん話したい人におすすめです。

 

教材も本日のニュースを使うなど

楽しみながらできるのもおすすめな理由です。

 

まずは無料登録して体験してみてから入会できるのも良いですね。

 

ビジネス英語をプロフェッショナルにしたいなら、Bizmates

筆者がビジネス英語を改善したくて

辿り着いたのがBizmatesです。

ビズメイツの講師は他のフィリピン英会話とは

一味異なり、非常にプロフェッショナルな方が揃っています。

また、独自教材は

ビジネススキルを英語で学ぶ内容となっているため

英語を学びながらリーダーシップや

プレゼンテーションのスキルを同時に学べるのも素晴らしい点です。

 

ネイティブの英語を破格で体験したいなら、CAMBLY

ネイティブの英会話は対面で通学だと

グループレッスンであまり話せないのに

毎月数万円はかかるくらい高額です。

マンツーマンともなれば1時間1万円もザラで

日本で英語ネイティブと話すのは至難の業になります。

ここで圧倒的安価でお勧めできるのが、CAMBLYです。

CAMBLYはプランにもよりますが、

大体30分1000JPYくらいという破格で

ネイティブと話すことができます。

 

CAMBLYには世界中の英語ネイティブがいるため

例えばアメリカの訛り、イギリスやアイルランドの訛りなど

特定地域のネイティブを探すことができるのも

他者とは違う個性が際立つ点です。

さらに、講師はいわゆる一般の方も多いため

留学することなく自宅から24H生きた英語に触れることができるのは

CAMBLYの圧倒的な特徴と言えるでしょう。

 

おすすめ3:転職準備をする

待ちに待った、GW。

そもそも、休暇が待ち遠しいって

実はあんまり、望ましい状態ではないかもしれません。

仕事は本来楽しいものであるからです。

 

そこでStay homeで時間があるあなたにお勧めしたいのが

転職準備をしておくことです。

というのも、

いざ転職しよう!と思っても

転職で最も時間がかかるのは、

履歴書、職務経歴書を作成して

面接の準備をすることなのです。

せっかくいい会社が見つかっても

準備不足で見送る、、なんてことになってはもったいないです。

ぜひ、GWの期間のうちに

書類を最新の状態に更新して

連休中に転職サイトに登録しておくことを

強く強く、お勧めします。

 

多数の案件に、テンプレートもあるDODA

転職は何から始めたらいいの?という方は

まずはDODAに登録して

履歴書や職歴書のフォーマットをDLして

作成することから始めてみましょう。

日本国内の大手サイトだけあって

求人件数も多くフォーマットも綺麗ですから

非常にお勧めです。

 

外資系転職なら、エンワールド

転職サイトやエージェントは乱立していますが、

外資系への転職で

特に英語面接が必要な場合にお勧めしたいのが

エンワールドです。

エンワールドは外国人リクルーターが多数在籍しているため

本番さながらの英語面接の練習相手になってくれます。

登録するとリクルーターから英語で電話がかかってきて

「あなたに合う案件を探すので自己紹介してください」など聞かれますが

これ自体がもう英語面接のようなものですからね。

考え方によっては

タダで英会話できる、くらいに思ってもいいでしょう。

また、英文レジュメの添削も協力してくれますから

ここは彼らの力を借りてみてはいかがでしょうか。

外資系・グローバル転職【エンワールド】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました