【誰でも出来る】海外で英語が通じなくてショックを受けた時に試したいこと【オススメあり】

英語学習

「こんなに英語を学んでいるのに

どうして外国人に私の英語は通じないの???」と

絶望感に苛まれることはないでしょうか。

 

今日は、そんな時に試したい

✔️誰でも一発で即英語が伝わるようになるメソッド

✔️ネイティブと安価で英語を話しまくる方法

について解説していきます。

 





【即解決】海外で英語が通じなくてショックを受けた時に試したいこと【オススメあり】

日本人のおじさん英語が通じる理由

日本人は発音や訛りを世界中のどこの人よりも

非常に気にします。

 

アメリカ英語のLとRがどうとか

大変な人気コンテンツですが

ノンネイティブがネイティブの発音になるのは

ものすごく筋が良い人か

発音記号を徹底的に学びトレーニングしない限り、無理です。

 

しかし、

よっぽど英語が大好きとか

医療で働いているとかでないなら

日本語訛りで基本的にはOKです。

(いえ、あまりに酷いときは問題ですが)

 

ここで考えたいのですが

日本人のおじさんが社会人になってから話す英語は

結構な確率できちんと相手に伝わります

 

例えば

”I think that is solved. John, right?”と言いたいときに

おじさんがバッキバキのカタカナ発音で

えーと、アイ シンク、ザット イズ ソルブド!ジョン、そうだよな?

とかいうのですが

実はこれ、めっちゃ通じるのです。

 

「おー!ジョン!ハウアーユー!」

「アイアムファイン!イエスイエーーースーーーー」

 

こんなのでも通じるし

なんなら相手は失礼だなんて思ってません。

  

さて、これは何故でしょうか。

相手が日本人訛りに慣れているからでしょうか?

 

いえいえ、

そうではないのです。

 

実はここに、

あなたの英語が一発で伝わるようになる

意外なヒントが隠れているのです。

  



英語を話すときは、声を大きくしよう

日本人の英語が通じない理由の8割は

実は声が小さく、モゴモゴ話していることが原因です。

 

日本から海外に到着したばかりの時は

日本語を話す声の大きさで英語を話してしまいがちです。

 

しかしよく相手の声の大きさを聞いていると

日本語より腹から声も出ているし

1.25-1.5倍くらい

声が大きいことに気づくと思います。

 

ネイティブでもこの声の大きさで話すのですから

訛りがある我々は

日本語を話す時と比べて1.5倍

腹から大きな声を出してハッキリ話す必要があります。

 

発音とか文法とかとりあえずどうでも良いので

まずは声を大きくして、ハッキリ話してみましょう

 



ノンネイティブなら、ゆっくり話そう

英語がそこそこ話せる人が陥りがちなポイントなのですが

ノンネイティブの我々がネイティブの速度で話してしまう

「???」となりがちです。

 

英語を使い慣れている人は

スラスラと言葉が出てくるのですが

これが時に逆効果なのです。

意識して、

ちょっとゆっくり目に話してみましょう

 

筆者はカーダシアン家の会話のスピードを参考にしています。

バキバキのLA英語で

LA英語の中でもゆったりとした話し方をするのですが

ネイティブでもこれくらいのスピードなんだから

自分もゆっくりで良いんだ、と気づくと思います。

 

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video
Amazon.co.jp: 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

シンプルな英語で話す

日本人のおじさん英語が伝わりやすい理由の最後は、

シンプルな英語で話をしているからです。

 

本屋に行けば、

”ネイティブの言い回し”とか

YouTubeをひらけば

”ネイティブが使う言葉”とかが

溢れているのですが

ノンネイティブは、まずはシンプルな文をハッキリゆっくり言いましょう。

 

例えば、

カフェに行ってコーヒーを頼む際なら

”Hello, small hot coffe, please”で良いのです。

単語を並べただけでも相手には十分に伝わります。

 

これできちんと伝わるようになってきたら

徐々にステップアップしていけば良いのです。

 

難しく話そうとすると

どんどん、ドツボにハマっていくものです。

 

肩の力を抜いて、

シンプルに想いを伝えてみましょう!

 

 



伝わらないのは相手の問題の場合も多々ある

ネイティブ同士でも聞き返すことは当たり前

よく、日本人が海外に行ったときに

しょっちゅう聞き返されて自信を無くしてしまうものです。

 

ここで日本人は、

私の発音が下手だからだ、、、とか

ともすれば

差別された、、バカにされた、、、と

真面目に思ってしまいがちなのですが

実はこれ、考えすぎなことがあります。

 



というのも、

ネイティブに言わせると

「いや、俺たちだって聞き返されることなんて

しょっちゅうあるよ。気にしすぎ」と

いう人が多いからです。 

 

聞き返されたら伝わるまで言えばいいですし

こちらは第2、第3言語を話しているのですから

堂々とトライしてみましょう。

  

グローバルイングリッシュに慣れてない人もいる

どこの国でも言えることなのですが

大都市にいる人たちは比較的、

世界中の人の英語に慣れていることが多いものです

 

例えばニューヨークやロンドンは

人口の半分は外国生まれの人、というデータもあるほど

非常に多様性に富んでいます。

 

公用語が英語であっても

世界中の訛りが飛び交っているのです。

このため、

こう言った大都市の方達は

結構訛っている英語だとしても

聞き取りますし、邪険な顔をすることはありません。

 

一方、地方や田舎に行くと

他の街を知らないような人も多く

その土地の英語が話せないと

うまく通じない、ということが起こりがちです。

 

世界は今後も、

グローバル化の流れは止まることはないでしょうし

英語というのは

ノンネイティブスピーカーがネイティブ話者より数段多いため

今後は

ネイティブがノンネイティブの英語を学ぶ、

という時代になっていくのかもしれませんね。

 



ネイティブに通じる英語は、オンライン英会話のCAMBLYで学ぼう!

海外に行く前、

もしくは欧米の方と英語で話す機会がある場合は

オンライン英会話のCAMBLYが最強です。

 

ネイティブとの英会話が

30分1000円ほどと破格で受けることが出来、

さらに講師とのレッスンは録画されるので

録画を見直して

自分の英語の課題を見つけることができるのです。

 

自分が英語を話しているところを見ると

恥ずかしくて悶え死にそうになりますが

現場を把握しないことには、次に進めません。

CAMBLYで、ネイティブに通じる英語を練習しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました