How are you? I’m fine, and you?は間違いではないよ、という話

英語学習

英会話の出だしで高確率で使用される、

Hi, how are you?

みなさんもお馴染みですよね。

この、How are you?の後の返しですが

マルバツ思考が強い日本人

日本人
日本人

I’m fine, and you?なんて使われないよ。教科書が間違ってる!

と言ったり、アメリカ以外を知らないアメリカ人

アメリカ人
アメリカ人

I’m fine,and you?は間違ってるとまでは言わないけど、違和感があるかな

と、言ったりします。

一体、How are you の返しは何が正解なんだ?!

と、思いますよね。

そこで実際、ネイティブ・ノンネイティブの世界の方々how are you?に対してどんな返しをしてくるのか、筆者の経験で最も多かったケースを実体験としてまとめてみましょう!

ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

■筆者プロフィール■

Fラン短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら大学を卒業学歴をグレードアップ、さらに外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計11年目(3社)を全て正社員で勤務中。日本にいながら本社チーム企画職に所属、海外出張や長期滞在を多数経験。チームメイトは海外にいる外国人。留学なし、オンライン英会話だけで、外資系企業で働ける英語力を身につける。

■関連記事■

【イギリス英語】Pardonは使わない、は嘘【アメリカ英語】

【違い】イギリスで嫌われる、気をつけたいアメリカ文化

【無礼厳禁】イギリス人と働く時に気をつけること3選【アメリカ人も驚く】



アメリカでのHow are you?への返し方

アメリカでは、主にこんな感じです。

Hi, how are you?

Good! How are you?

もしくは、そのままオウム返しのようにしたりもします。

Hi, how are you?

Hi! How are you?

アメリカネイティブにも複数名聞いてみましたが、口を揃えていうのは

  • how are youに深い意味はない
  • how are youはhelloと同じようなニュアンスになってきている

ということでした。

そして、アメリカ人的には

I’m fine, and you?

と聞かれると、口調によっては

僕のことはお気になさらず!(ピシャリ)

と、聞こえる場合があるそうです。

というのも、アメリカ英語ではfineというのは”結構です”というようなニュアンスがあるからです。

例えば

■レストランで■

アメリカの店員
アメリカの店員

Hi, would you like to have another drink?

なんか他の飲み物要ります?

I’m fine, thank you

大丈夫です、ありがとう

こんなようなニュアンスで使われたりします。

あくまで口調によるのですが、アメリカ人とアメリカ英語で接するときは、I’m fine, and you?は避けた方が無難でしょう。

ちなみに、アメリカ英語ではWhat’s app?と聞いたりすることもあるのですが、ビジネスの場におけるアメリカ英語は注意しないとカジュアルすぎて失礼になることもあります。

ノンネイティブな我々は、ビジネスの場におけるアメリカ英語は、砕けすぎないように、社会人として重々気をつけるようにしましょう。

イギリスでのHow are you?の返し方

アメリカ英語に慣れ親しんでいる日本人からすると、イギリス英語は知らないと戸惑う単語や言い回しが多く存在します。

実は、イギリスではそもそも、how are you?自体を使いません。

イギリス人
イギリス人

Hey mate! Are you alright?

イギリス人
イギリス人

Ya ya, are you alright?

これ、知らないと意味不明ですよね。

イギリスではhow are you?と同意義でare you alright?が使われ、その返しはya yaとか言ったりするのです。

ちなみにアメリカでは親しい男性同士がbrotherとかbroと言ったりしますが、イギリスではmate(メイト)と呼びあいます。

なんだか品が良くて、素敵ですよね。

世界のノンネイティブはHow are you?にどう答える?

筆者は仕事を通して、主に北半球の方達と長年会話をしてきました。

筆者の肌感覚的には、アジアはアメリカ寄りの英語教育を受けていることが多く、欧州はイギリス寄りの英語教育を受けていることが多いです。

よって、ヨーロッパの方はI’m fine, and you?を普通に使っている人も少なくありません

一方で、アメリカ英語を学んでいて、さらに北米に語学留学したことがある方も多い中国や韓国のエリートたちはアメリカ英語を好む傾向があります。

ネイティブに無料で直接、英語を聞く方法とは

How are you?に対する返しと、ネイティブ・ノンネイティブの違いについてまとめてきました。

この手の話題については、あなたが話したい国の人に直接聞くのが最も有効です。

ネイティブがどう思ってるか知りたいけど、周りにネイティブの外国人いないし、駅前留学は何十マンとして高額だし。。。

こんなあなたにおすすめなのが、

24Hいつでもネイティブと会話できるオンライン英会話今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】 です。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】 の素晴らしいところは、世界中のネイティブといつでも安価で会話ができることです。

特に日本人はアメリカ英語が英語の全てだと思い込んでいるケースも多いのですが、英語を公用語としている国はなんと67カ国もあるのです。

日本人からは縁が遠いアイルランドやスコットランド、南アフリカも英語がネイティブの国です。

世界で幅広く使われているのはアメリカ語だけれど、世界にはさまざまな英語があり、英語の数・国の数だけ正解はさまざま。。。ということを体得して初めて、あなたも真の英語話者となれるのではないでしょうか。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】 ぜひ試してみてくださいね!

■関連記事■

【イギリス英語】Pardonは使わない、は嘘【アメリカ英語】

【違い】イギリスで嫌われる、気をつけたいアメリカ文化

【無礼厳禁】イギリス人と働く時に気をつけること3選【アメリカ人も驚く】

コメント

タイトルとURLをコピーしました