本ブログ記事内には、Googleによる広告表示、またアフィリエイトによる広告・PRが含まれます。

【現役外資系社員】TOEIC900ってすごいの?何ができるの?【留学・海外駐在なし】

TOEIC

TOEIC900を越える人って、どんな勉強をしているんだろう?

こう思ったことはないでしょうか。

本日は留学なし、海外在住経験なしでTOEIC910を取った外資系マネージャーの筆者が、TOEIC900の攻略法について経験談をまとめていきます。

※本記事では、TOEIC講座などのテクニックは紹介しません

⚫︎この記事を読むとわかること⚫︎

  • TOEIC900越えの人の英語力
  • TOEIC900越えの人の英語勉強法
  • TOEIC900越えの人の転職市場価値
ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

欧州系大企業でマネージャーのサラリーマン。

短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら大学を卒業学歴をグレードアップ、さらに外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計13年目(3社)を全て正社員で勤務中。瞬間風速的に日系大企業にいたこともあり。留学なし、オンライン英会話で、外資系企業で働ける英語力を身につける。



TOEIC900取れる人の割合とは?

努力が実れば嬉しいもの

TOEIC900超える人の割合ですが、(受講回にもよると思いますが)全体受講者の1割にも届きません

この1割の中には仕事でTOEIC研究のために受けたり、帰国子女などもおそらくいるでしょうから、努力して到達できる人は実際は極めて少ないと言えるでしょう。

 

TOEIC900超えの人の特徴とは?

TOEIC900越えにしか見えない世界がある

TOEIC講座などのテクニックを使用せずに純粋に英語力でTOEIC900以上を取得する人には下記のパターンが多いです。

TOEIC900超ホルダーの特徴※筆者の周りの聞き込みです

  • 英語圏に海外駐在経験が5年以上ある
  • 英語圏で帰国子女
  • インターナショナルスクール育ち
  • 外資系企業でのグローバル経験

つまり、英語を高いレベルで日常的に使用してきた人がTOEIC900を超えることができる、ということができます。

  

TOEIC900越えの人って何ができるの?

TOEIC900越えの人って結局何ができるの?

この質問に筆者が答えます。

TOEIC900越えの人ができること(筆者の経験&ヒアリング調べ)

  • 英語で一人で会議、交渉ができる
  • 海外出張問題なし
  • 外国人上司、部下に対応できる
  • ネイティブと普通に会話できる
  • 海外のニュースを理解できる
  • 海外旅行などで問題が起きても英語で解決できる
  • ストーリー映画やインタビュー動画なら日本語字幕なしでわかる

こんなところでしょうか。

つまり、普通に英語で仕事ができるレベルだよということです。

一方で、TOEIC900越えでも(満点に届かないレベル)だと出来ないことはこんな感じです。

TOEIC900越えでも難しいこと(満点に届かないレベル)

  • 特定の複雑な論文や話題などの理解(語彙が足りない)
  • 英語での雑談(慣れが必要)
  • ネイティブ特有のスラングや笑いのツボはわからない

海外留学・海外駐在してもTOEIC900越えは難しい?!

え!海外に住めば、英語ってペラペラになるんじゃないの?

こう思う方も多いかもしれませんが、実は海外に住んだとしても、ほとんどの場合でTOEIC900のレベルには到達しません。筆者が周りにいる外資系企業社員や友人知人に30名ほどヒアリングした結果だと、語学留学をしたり、仕事で海外駐在をしてTOEICを受けても、良くてTOEIC700-800点台が多いです。

筆者の知人もアメリカやイギリス、カナダに留学や海外駐在経験がある人が多数いますが、よほど本人に強い目的意識がなければTOEIC900には到達できません。

特に海外留学の場合はビジネス英語を学べないため、ビジネス英語に特化しているTOEICでは良くてTOEIC800くらいの人が多いようです。

留学や海外駐在だけではTOEIC900に届かない理由

  1. 学生なのでビジネス英語を学んでいないから
  2. 英語を学ぶ緊張感に欠けているから
  3. 周りの外国人が下手な英語に合わせてくれるから(特に日系企業の場合)

 

TOEIC900超えるための、おすすめテキスト教材

筆者がTOEIC900を超えるために、テストの3週間前から実際に使用したのは公式問題集と単語帳だけです。

TOEIC講座などで焼き付けで受けるのではなく、地道に英語を身につけてきた結果としてTOEIC900を目指すのであれば、公式問題集で最新の問題の練習をして、本番はリラックスして受ければ良いと思います。

単語についてはざっと全体をみて覚えられる範囲で覚えておけば、長文読解で単語がわからなくて話がよくわからない、という事態を避けることもできます。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥935 (2024/05/26 14:40:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会
¥3,300 (2024/05/26 14:40:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会
¥3,300 (2024/05/26 19:42:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

留学・海外駐在なし、TOEIC講座なしでTOEIC900を超えるには?

地道に努力するのみ

留学や海外駐在を経てもTOEIC900を超えられない人が多い中で、日本にいてもTOEIC900を超える方法があります。それは、外資系企業で働くことです。

筆者は外資系企業で上司&チームメイトが外国人担当職務がグローバルプロジェクトにアサインされてから一気にTOEIC910までスコアが伸びました。

外資系企業といっても日本法人の場合は求められる英語力もまちまちなのですが(詳しくは別記事参照),

TOEIC900を目指したい人は下記のようなゴリゴリの外資系企業に修行のつもりで飛び込んでみることがおすすめです。

英語力を爆伸びできる外資系企業の条件とは?

  • 社内のイントラ掲示板は英語のみ(日本語なし)
  • 毎日のように英語会議がある(通訳なし)
  • 上司が外国人
  • チームメイトが外国人

このような外資系企業のポジションになると、オフィスには常にどこかしらに外国人がいて英語や他の言語で会話が飛び交い、毎日海外のチームと英語で会議(長い時は1日合計5時間も英語会議)をして、必要あれば地球の裏側にいるチームに英語でプレゼンをして説得や交渉を行うこともあります。英語力不足が原因で職務を遂行できなければ干されて実質退職に追いやられるのですから、英語を使って仕事をする緊張感は日系企業とは比べものになりません。この緊張感があるから外資系企業で働く人は英語力が伸びるのです。

 

TOEIC900を超えるための外資系転職をする方法とは

自分は英語力もないし、外資系企業なんて無理、、

こう思っている人は勿体無いです。

日系企業はTOEIC900以上をとっていないと仕事のチャンスを与えてくれなかったりしますが、外資系企業は日系企業と違って、職務に対してポテンシャルがあれば英語力が多少不足していても採用する可能性が高いです。

まずは無料で転職相談に乗ってくれる外資転職に強い!en worldのリクルーターと話して時間をかけてチャンスを狙っても良いでしょう。

準備ができるまで待つのではなく、何しろまずは応募してみる!自分の位置を確認して地道に努力しながらチャンスを狙う!というのが筆者が実際にやってきたことです。そして諦めなければ絶対に誰でもTOEIC900を超えることは可能です。

 

コメント

本ブログ記事内には、Googleによる広告表示、またアフィリエイトによる広告・PRが含まれます。
タイトルとURLをコピーしました