【海外移住】日本人の海外流出が止まらないのは本当?データを検証してみた【平成から令和】

海外情報

日本の国力が著しく落ちていく中で、日本円の価値も弱くなり、日本企業の給料も下がり続ける現実を見て

20代男性
20代男性

日本は住みやすいけど、給料は安いし奴隷労働。。。海外に出稼ぎに行かないと、人生詰む。。。

日本人女性
日本人女性

日本は結局男性社会すぎて、しんどい。。。海外に逃げよう!

こんなふうに思う方はどんどん、増えているようです。

皆さんの周りにも、海外に移住した方や、もしくはお仕事の関係で一時的に滞在されている方は結構、いるのではないでしょうか。

そこで筆者は本当に海外に移住している日本人は増えているのか?について、政府のデータを分析したところ、驚くべき事実が分かりましたのでまとめていきます!

ブログ主 Ashley
ブログ主 Ashley

■筆者プロフィール■

Fラン短大を卒業し、日系中小企業で7年半(1社)従事。ブラック安月給に耐えきれず、働きながら通信大学を卒業し、外資系企業に転職を成功。現在外資系企業合計11年目(3社)を全て正社員で勤務中。日本にいながら本社チーム企画職に所属、海外出張や長期滞在を多数経験。チームメイトは海外にいる外国人。留学なし、オンライン英会話だけで、外資系企業で働ける英語力を身につける。

※移民法は日々変わっています。最新の政府Webページや、移民弁護士にご相談ください。



日本を出る在外邦人は増加の一途を辿っている

日本は先進国の中で唯一、過去30年間後退を続けている国です。

政治のミスリードは止まらず、今後もこの流れは変わらないだろうと絶望している若者が増え続けています。

そんな状況の中、海外に活路を見出し日本を飛び出す方は年々、増えています。

外務省と総務省の人口データを、平成からの推移で、見てみましょう。

出典:外務省

平成元年と令和元年を比較すると、、、

長期滞在者永住者
平成元年340,929名246,043名
令和元年891,473名(2.6倍518,883名(2.1倍

日本居住の日本人の人口は約1億2,000万人であまり変化がありませんので、国外に移住している日本人が平成から令和の30年間で約2.5倍増えている、ということになるでしょう。

特に永住者の中には、多国籍に帰化した人も相当数いることを考えれば、実際はもっと多くの方が海外に永住していると予測できます。

思ったよりも多くの日本人が海外に移住しているんですね!

出典:総務省
https://www.stat.go.jp/info/today/pdf/180.pdf
海外在留邦人数調査統計



日本人女性が日本から続々海外逃亡中?!

平成元年から令和元年まで、約2.5倍もの日本人が長期滞在や永住で海外に移住していることがわかりました。

さらにその内訳を男女別で見てみると、驚くべきことがわかります。

コロナの影響前で見たいので、データが見れる平成2年vs令和元年で見てみましょう。

出典:外務省

■海外長期滞在者 男女別■

男性女性
平成2年205,504名168,540名
令和元年469,985名(2.3倍)421,488名(2.5倍)

平成から令和の30年間で、男性は2倍強、女性はなんと約2.5倍も、海外に長期滞在する人が増えています。

さらに、永住者を男女別で見てみると。。。

■海外永住者 男女別■

男性女性
平成元年114,359名131,771名
令和元年197,000名(1.7倍)321,883名(2.4倍
引用元:外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/index.html

平成から令和の30年間で、男性は1.7倍、女性はなんと約2.4倍、海外に永住する人が増えています。

日本人女性がどんどん、日本から海外に去っている、ということです。



日本の結婚は減っているのに、外国人男性と結婚する女性は増加

日本人女性の国際結婚が増えている

日本国籍の女性が海外に移住、特に海外永住している件数が増え続けている背景は一概には言えませんが、海外移住の主たる背景に婚姻が考えられます。

そこで、国際結婚による婚姻率の推移を見てみましょう。

■国際結婚の推移■

※1年間のうちに、日本で婚姻した夫妻の件数

夫:日本国籍
妻:外国籍
夫:外国籍
妻:日本国籍
国際結婚の推移夫妻共に日本国籍の婚姻件数
1990年20,026名5,600名25,626件696,512件
2019年14,911名(-0.7倍)7,008名(1.25倍)21,919件(0.8倍)577,088件(-0.8倍)
出典:総務省統計局 https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003411850

日本人同士の結婚も、国際結婚の件数も、軒並み減少を続けていますね。

そんな中、日本人妻✖️外国人夫の婚姻だけは、平成から令和の30年間で1.25倍へと、増えているのです。

日本人女性が人生の伴侶に外国籍の男性を選ぶ傾向は、今後もじわりと、続いていきそうですね。

人口動態調査 人口動態統計 確定数 婚姻上巻 9-18 夫妻の国籍別にみた年次別婚姻件数・百分率 | 統計表・グラフ表示 | 政府統計の総合窓口
注:1) フィリピン・タイ・英国・ブラジル・ペルーについては1992年(平成4年)から調査しており、1991年(平成3年)までは「その他の国」に含まれる。
海外在留邦人数調査統計

海外移住、何から始める?自分にもできる?

人生は一度きり!

海外移住している日本人が平成から令和で2.5倍も増えていることがわかったところで、

自分も1回くらい、海外に住んでみたい!!!

と、思いますよね。

海外移住はビザの問題があるわけですが、大きく分けて下記の方法があります。

■海外移住する主な方法■

難易度★ 語学留学orワーキングホリデー

難易度★★★ 日系企業の海外駐在員

難易度★★★★ 海外現地企業の現地採用

難易度★★★★★ 外国人と結婚

悲報:結婚で海外移住はまず諦めろ

海外移住といったら婚姻が一番簡単じゃないの?

と、思う方もいるかもしれませんが、婚姻には落とし穴があります。

そもそも人と人とのご縁ですから、相手が見つからなければ終了です。さらに、婚姻はお互いの国に住むビザや永住権を申請する権利を得られるだけで、実際に申請がきちんと認められビザが降りるかは確約されていないからです。

近年は特にアメリカやイギリスたとえ正当な結婚で年数が経っていて子供までいたとしても簡単には居住の許可はおりません。

海外移住狙いで国際結婚を狙うというのは不確実性が高すぎるので、まず選択肢から外すべきです。

もしもご縁があって、無事にビザが降りたら、それはあなたは相手とも相手の国とも相思相愛ということですね。



海外移住、まずは留学or日系企業駐在員を狙え

最も確実に海外移住できるのが、留学やワーキングホリデーです。

学生として行くためビザが出ること、そしてエージェントも多く費用や期間もあらかじめ目処がつくので非常にハードルが低いと言えるでしょう。

また、キャリアも積みながら海外に住みたい!!という方は、日系企業の海外駐在員を狙うというのが最もおすすめの方法となります。

なぜなら、企業の手厚いサポートのもと海外に住めるため、住居や保険など全く不安がなく、同じ会社の同僚に助けてもらうことができるからです。

日系企業の駐在員を狙うなら、おすすめは、中小日系企業のメーカーです。

金融や大企業は海外人材が豊富なので狭き門となりますが、中小企業メーカーは常に駐在員不足なので、即戦力として行ける可能性が非常に高いです。

まずはオンライン英会話で語学力を磨きつつ、転職エージェントに登録して、海外駐在に行ける会社を探してもらえば、海外駐在員になることは可能です。

オンライン英会話なら無料体験! ワンランク上のビジネス英語ならBizmates(ビズメイツ) がおすすめです。 海外駐在員を探す企業が多く使用している転職サイトといえば、転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービスです。ここには真っ先に登録しましょう。 さらに、語学力を生かした高収入なハイクラス転職ならJAC Recruitmentが鉄板ですね。

夢の海外移住も、先代の日本人の方が道を切り開いてくださっているおかげで、どんどん身近になってきています。まずは行動を起こしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました